修理よりも交換がお勧め

	給湯器

コストのメリットもあり

給湯器が故障した時は修理をして使い続けるよりも新しい給湯器に交換する方が人気になっています。確かに使用を開始して数年しか経過していないのであれば、故障個所を修理する方が価格的に安上がりで保証期間内であれば無料で修理してもらうこともできます。お湯が使えるようになる時間も短くて済む利点もあります。しかし、10年程度の耐用期間を過ぎた給湯器が故障した場合には、修理するよりも交換した方が機能が良くなり、省エネになるだけでなく、金額的なメリットもあるのです。一昔前は給湯器というとガスで沸かすものと決まっていましたが、今では電気や灯油でお湯を沸かす方法も選ぶことができます。ガス会社としてもガスを使ってくれないと利益が出ないため、最新式の給湯器も手頃な価格で手に入れられるようになりました。業者も故障したときは修理をするよりも交換を勧めることが多いですが、これは業者の利益のことを考えて言っているのではなく、長い目で見た時のコストが安くなることから勧めているのです。最新式の給湯器の定価は数十万円して、工事費も高くなりますが、業者間の競争が働いているため給湯器の価格は半額以下になり、最新の機種でも工事費を含めて15万円程度で取りつけることが可能です。一方、修理になるとパーツ代は定価販売で故障個所にもよりますがパーツ代だけで数万円はかかります。そこに工事費が追加されることになるので、修理と交換の差額は2万円程度になってしまいます。最新機種はエネルギー効率が良いので、2年もするとその差額も取り返せることになります。