不具合を確認しましょう

作業員

早期に相談しましょう

給湯器の寿命は10年から15年といわれています。経年変化とともにさまざまな故障が生じていきます。ガス給湯器は使用時にモーターなどの音がするので深夜などに使用すると気になることがあります。このモーター音が日中でも大きな異音を感じるならば、業者へ連絡しましょう。また、湯の温度にムラが出たり、湯量が定まらない状況は、給湯器の故障の前兆である場合があります。中には家族が同時に湯を限界以上に使用している場合には湯量や温度が変わることがあります。一ヶ所の水回りだけでこれらの症状が出るときには修理を依頼しましょう。給湯器故障には、屋外機の配管に亀裂が入り、水漏れが故障の原因になる場合もあります。特に寒冷地では配管が凍らないようにパイプに保護シートを巻くなどの対策が必要です。浴室で気がつく故障には追い焚き機能の不具合があります。毎日使用している家庭ではその変化に気が付いたときには早期に専門業者へ相談しておきましょう。給湯器の買い換えには本体だけでなく設置費用が別途掛かります。使用している年数が比較的浅い場合には修理をした方が良いか買い換えが得か相談してみるのも良いでしょう。買い換えの際には家族の人数や使用の仕方により適正サイズを選びます。家族同時に使用する機会が多いときには、湯を温める容量が大きいものを選定しましょう。マンションなどの共同住宅では、設置面積の小さなタイプを選定しないと給湯器が収まらないことがあるので気を付けましょう。